オールシーズン32℃で洗顔しよう!

2019/06/19
カテゴリ:スキンケア

あらゆるお肌のトラブルを防ぐためにも
皮膚温度を一定に保つために、毎日の洗顔時に同じ温度にすることはとても重要です。
肌は、洗顔料と洗顔時のお湯の温度により洗浄力に影響が出ます。
そのため、肌にある分泌物を理想的に洗い流し、
しかも肌のホメオスタシス(肌の調整機能)に刺激を与えないで洗う温度としてはぬるま湯(32℃)が一番いいと言われています。
皮膚の温度は皮膚の厚さと血液の流れる早さと量と体温の影響を受けて現されます。
人間の身体は、体全体がスムーズに機能するように様々なシステムが働いて安定しています。
その一つの現われが肌の理想的な温度である32℃〜34℃の温度です。
お肌の温度が一定に保たれる事は、お肌の状態が安定しているということになります。
また、
いつも一定の温度で洗顔を行うとは、人間の脳が色々なことを記憶するように、皮膚も皮膚に起こる様々なことを記憶します。
人の理想的な体温が36〜37℃であるように、人の理想的な肌の温度は32〜34℃の中になります。
そして、いつも一定の温度で洗顔を行う事は、
肌にストレスを与える事なく肌を安定に保つことができるため、
肌を理想的な一定温度に保つことは美肌を保つために重要なお手入れ方法なのです。